今すぐ始めないと間に合わないことなのです!

2026年1月から世界も日本も大きな動きがあります。対応は待ったなしです。
補助金・助成金などで負担を軽減し、超スマート社会での働きやすい、収益率の向上、何よりも経営負担を軽減する社内改革を進めましょう。

リコール対応ができることを可視化する!

良い商品を作り続けるための品質管理から出荷後の安全確保を実現するTQM(総合品質マネジメント)の体制整備を支援します。
1995年に施行されたPL(製造物責任)法、当時はまだ今のインターネットはなく産業構造もシンプルでした。その時代に即した最新のPL対策を指導などの導入実績は数百社に及びます。
大手商社、食品メーカー、百貨店、カタログ通販、それらに納入するさまざまな事業者やコンサル業。国も例外ではありません。
今必要なことはSociety5.0超スマート社会での安全確保は24時間という時間が重要になります。失敗すると企業の存続に大きな影響でます。

日本発・世界初の品質管理のDX!

・輸出入を含め物流の自動化が進み販路も多様化!
・極めて短時間に流通し販売されること
・人手が足りず人手に依存したことがトラブルに!
このスピードに今の組織体制やそれを支えるシステムでの対応では安全確保ができなくなっています。

✔POSのGS1-2D移行
✔AmazonなどのDPFの表示やリコール事前対策の要求
✔紅麹の被害により急変する国内の食品安全規制強化
✔北米でのFSMA204(食品トレーサビリティ)対応
✔インバウンドの商品情報多言語化
✔原材料から消費者までのトレーサビリティ
✔Cookie規制に始まる個人情報規制強化

北米ではFSMA204の対応は非食品でも同じ対応を求められます。

10年後でも膨大なロット単位の情報を瞬時に呼び出し24時間以内に対応することが必要です。自社の責任を全うすることを証明できるのはデジタルトレーサビリティのできることを科学的根拠を直ちに示せることです。

製造物責任(PL)対策を品質管理に組み込まないと、販売後のリスクは企業存続に大きな影響を与え、それは自主回収・リコールの回収率と科学的根拠のあるトレーサビリティが必須です。

  • まずは世界で唯一2016年から運用されている「安全点検アプリ SCODT(すこどっと)」をご用意しましたのでそれを並行して利用します。
  • スマート社会での製品の安全品質については「PL検定をご用意しています。
  • 「最新!PL対策解説書」に新たな時代の体制整備の詳細を解説しています。
  • 専門知識、技術的知見などは一切不要です。
  • 若い世代から熟練まで皆様でお取り組みください。
  • 詳細は紹介者とzoomもしくは本部(板橋区)にて直接ご案内いたします。
  • 1年間に各月1時間3回のzoom研修を行います。翌年からはシステムを継続することにより、システム利用料だけでサポートを行います。

パッケージ利用料金

scodt cloudは無料で1か月利用できます。

年間売り上げ規模パッケージ料金(税別)翌年以降の料金(税別)
3億円未満62万円12万円〜
50億円未満150万円50万円〜
100億円未満230万円80万円〜
300億円未満550万円140万円〜
500億円未満800万円230万円〜
1,000億円未満980万円500万円〜
1,000億円以上ご相談ご相談